痛風食事療法|食生活の改善

痛風食事療法|食生活の改善

痛風になる原因として多くは偏った食生活や暴飲暴食などが挙げられるのではないでしょうか。
そして、痛風を改善するためには食生活の改善がとても大事です。
痛風になるということはほとんど尿酸値が高いわけです。
ですから、尿酸値を下げることを考えなければなりません。
そのためにはどのような食事を摂ればよいのでしょうか。

尿酸値を下げるための食べ物

レバーや魚の干し物などが特に尿酸値を上げてしまう食べ物ですが、逆に尿酸値を下げたり上げないための食べ物もあります。
ではそれはどういった食べ物なのでしょうか。
アルカリ性の食べ物
尿酸はアルカリ性に傾けることによって溶けやすくなるといわれています。
ですからアルカリ性の食べ物を食べることがよいわけです。
例えば、トマト、ほうれん草、わかめ、昆布、バナナ、メロン、いちごなど挙げればきりがありません。
ここで気づくことはアルカリ性の食べ物はほとんど野菜や果物、海藻などということです。(芋類などもそうです)
ですからそういった食材をしっかり摂取することが大事ということです。
しかし、現代人は野菜不足の人が非常に多いです。
厚生労働省では成人は1日あたりの野菜摂取量は350g以上、緑黄色野菜では120g以上を食べることと言われています。
しかし、その摂取量を食べている人は非常に低いのではないでしょうか。

尿酸値を下げる成分

アルカリ性の食べ物を食べるということも大事ですが、尿酸値を下げたり排出を促す成分が豊富な食材もあります。
まずは成分です。
カリウム
カリウムは尿酸が溶けやすくなる効果があるようです。
ほしひじきやパセリなどに豊富に含まれていますね。
他にもビタミンCや葉酸やナトリウム等もよいようです。

ここが大事!まとめ

ここまでいろいろ書いてきましたが、結論から言うとバランスの良い食生活なんです。
結局、痛風には○○の食べ物が良い、尿酸値を下げるには○○が良いといろいろ言いますが、そればかり食べていてもダメなわけです。
結局それが偏った食生活になるわけです。
とはいえなかなかそんな食生活を改善するのは難しいという方が多いと思います。
そういったときに健康補助食品やサプリメントなどで補ってあげると良いのではないでしょうか。

オススメは青汁

健康補助食品やサプリメントとは言いましたが私は青汁がとても良いと思います。
私も飲んでいますが、栄養素が豊富で様々な成分が含まれています。
カリウムやビタミンに食物繊維など様々な成分が普通の野菜よりかなり豊富に含まれています。
例えばカリウムだけを積極的にとってもあまり良くありませんが、青汁にはその他の成分もバランスよく豊富に含まれているわけです。
摂取も簡単で継続もしやすいです。
青汁比較が参考になると思います。

オススメ痛風対策サプリメント

白井田七

白井田七は痛風の方や中性脂肪・コレステロールを気にされている方が多く愛用しているサプリメントです。
白井田七は田七人参を使用しており、痛風などに効果が期待できるサポニンが高麗人参の7倍以上含まれているということなんです。
返金保証もあり安心して利用できます。
食事療法とともにサプリメントで効果を高めてみてはいかがでしょうか。